スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)

 陸上自衛隊第二師団(北海道旭川市)で、創立60周年記念事業が行われた。快晴で、うだるような暑さだったが、節目の年であると同時に、ブルーインパルスが登場するとあって、昨年の3倍を超える2万5000人の市民らが訪れた。
 渡部悦和師団長は、観閲式で「第二師団は、与えられた任務を確実に遂行するため『錬磨無限』の精神で厳しい訓練に励む。そして『進化無限』を合言葉に新しい陸上自衛隊を創造する師団であり続けなければならない」と式辞を述べた。
 会場を訪れたのは親子連れが多く、ブルーインパルスの展示飛行や戦車の行進に拍手を送り、体験搭乗コーナーや模擬売店で行列をつくるなど初夏の一日を楽しんでいた。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕花火でプロポーズは、いかが?=福岡県筑後市
〔地域の情報〕びわ葉茶愛用週間実施=愛媛県伊予市
〔地域の情報〕小玉スイカの収穫が本格化=和歌山県印南町
〔地域の情報〕「チャグチャグ馬コ」が華麗な姿=岩手県
〔地域の情報〕小玉スイカの収穫が本格化=和歌山県印南町

<車上荒らし>大分県警警部、40人分の捜査メモ盗まれる 潮干狩りに出かけ(毎日新聞)
【医薬最前線】第2部 2010年の壁(2)満たされぬ領域 開発に期待(産経新聞)
「生活保護費で足りるはず」 老齢加算廃止は違法 (産経新聞)
弾みで言い過ぎた=「官僚は大ばか」発言を修正―菅首相(時事通信)
ジェットコースターで女児骨折=3回目、「よみうりランド」で―川崎(時事通信)

南アW杯 「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画(毎日新聞)

 アフリカ大陸初開催となるサッカー・ワールドカップ(W杯)が11日午後(日本時間11日夜)開幕する。開催地・南アフリカを知ってもらうチャンスとして、日本国内の交流組織は期間中にさまざまな計画を立案。アパルトヘイト(人種隔離)を乗り越えて人種・民族和解のためにマンデラ元大統領が唱えた「虹の国」の実像を伝えたいと、各団体は奔走している。

 今年2月、アフリカ研究などを専攻する全国の大学生や雑貨店主らは「Viva! South Africa Team」を結成した。代表の大阪大大学院生、黒須仁美さん(24)は「W杯開催で注目される今、南アのために何かしたいと思った」と語る。6月19日に名古屋、20日に福岡で、民族衣装のファッションショーや南アに関するクイズ大会などのイベントを開き、決勝前日の7月10日には大阪府茨木市で南ア人らとフットサル大会を開催する予定だ。

 開幕直前の5日には東京都世田谷区でトークショーも主催。茨城県の高校の外国語指導助手を務める南ア人のプセレツォ・ブシ・ンコパネさんは「治安が悪い場所はどこの国にもある。W杯は南アの良いところを伝える機会になる」と笑顔で話した。

 南アのエイズ孤児の支援活動を行っているNPO「シェア 国際保健協力市民の会」は今月、子供たちの現状をまとめた本を発刊した。同会によると、南アのHIV(エイズウイルス)感染者は07年末時点で570万人。世界の感染者の6人に1人が南ア人とされ、W杯を機に多くの人に悲惨な状況を知ってほしいと訴える。NPO「アフリカ日本協議会」も26日、新宿区で南アの研究者やエイズホスピスのボランティア経験者らを招き、公開座談会を開く。

 04年に新潟で結成された市民組織「虹の国・南アフリカ交流友の会」のブログには、W杯で南アへ行く旅行者らから相談メールが寄せられている。代表の鈴木千枝子さんは97年に新潟で公演した南アの少年合唱団に魅せられ同会結成を呼びかけた。これまで16回現地を訪れ、南アに友人も多い。W杯期間中は日本戦を観戦する友人から話を聞くなどして随時、南ア情報をブログで発信する予定だ。「雄大な自然と人々の優しさに魅了されました。W杯を契機に印象が変わってくれたら」と声を弾ませた。【馬場直子】

【関連ニュース】
南アW杯:競技場でキックオフコンサート 今夜開幕
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに
南アW杯:マンデラ氏に来てほしいが…大会組織委
雑記帳:南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城
南アW杯:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ

JR西社員が無賃乗車=IC「イコカ」を不正使用―大阪(時事通信)
普天間、日米合意守る=菅首相(時事通信)
阿久根市長リコール準備委、事務所を開設(読売新聞)
首相動静(6月4日)(時事通信)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)

弁護士か?法律事務所で男性刺され重傷/横浜(カナロコ)

 2日午後2時40分ごろ、横浜市中区太田町1丁目の法律事務所で、弁護士とみられる男性が、男に刃物で刺された、と110番通報があった。男性は重傷。男は30歳ぐらいとみられ、加賀町署が傷害容疑で捜査している。

 現場は関内駅から南東約500メートルのオフィス街の一角。

【関連記事】
弁護士事務所で男性刺される/横浜
男性が切られて重傷、商談中に切り付けられる/横浜
タクシー会社に男が押し入って逃走/横浜
300万円入り紙袋ひったくられる/横浜
「棒で殴られた」、男性が頭の骨折る重傷/相模原

綱吉の母・桂昌院ゆかりの京都・善峯寺 重文ひっかき傷(産経新聞)
“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
<障害暫定改正法案>衆院委で可決…発達障害も対象に(毎日新聞)
元連合札幌会長の控訴棄却…小林議員選挙違反事件(読売新聞)
<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)

漫画家1421人、出版社10社“反対” 都の青少年健全育成条例案(産経新聞)

 子供を性的対象にした過激な漫画やアニメなどを規制する東京都の青少年健全育成条例の改正案で、改正案に反対する漫画家1421人と出版社10社が25日、連名で反対声明を出した。漫画家には、藤子不二雄Aさんやちばてつやさん、萩尾望都さんなど多くの著名漫画家が名を連ねた。

 声明は改正案を「表現の自由を損ね、漫画文化の衰退をもたらす」と非難。改正案で服装や背景などから18歳未満と判断できるキャラクターを非実在青少年との造語で規定することにも「定義が明確でなく恣意的な判断を残し、(表現の)萎縮的効果をもたらす」とした。

八街放火殺人容疑の男、当日に滞納家賃支払う(読売新聞)
ぜいたく品を北朝鮮に輸出 鳥取、容疑の業者捜索(産経新聞)
イオン 「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万か―容疑で16歳少年逮捕・警視庁(時事通信)
北教組幹部、資金提供認める=禁固4月を求刑―小林議員陣営の違法献金事件(時事通信)

平野官房長官、15日夕方2度目の鹿児島訪問(読売新聞)

 平野官房長官は15日午後、鹿児島市を再び訪問し、沖縄県の米軍普天間飛行場の一部機能の移設を検討している鹿児島県・徳之島の住民らと面会する。

 平野長官の鹿児島入りは、12日に徳之島町議と面会したのに続き2度目で、今回は経済団体や農業関係者と面談する予定だ。

 これに先立ち、鳩山首相と平野長官は15日午前、首相公邸に、ワシントンで12日に行われた日米実務者協議に出席した外務省の冨田浩司北米局参事官、防衛省の黒江哲郎防衛政策局次長を呼び、協議の報告を受けた。政府が検討している米軍キャンプ・シュワブ沖に「杭(くい)打ち桟橋方式」で滑走路を造る現行計画修正案について、米側が難色を示したことなどが報告されたとみられる。

新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
性犯罪2度服役、再び4件の男に懲役23年(読売新聞)
口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)
赤いバイクで「ちょっとこっちに…」女児に声掛けの不審者情報相次ぐ 品川区 (産経新聞)
自宅で女性死亡=殺人事件で捜査、三男不明―兵庫県警(時事通信)

<小沢幹事長>「リーダーシップも…」内閣支持率急落の原因(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は7日、宮崎市内で記者会見し、内閣支持率が急落していることについて「党のトップをはじめ役員やその他のいろいろな問題、リーダーシップのこともある」と指摘し、普天間問題で鳩山由紀夫首相の指導力に疑問が広まっている状況に懸念を示した。普天間問題で政権が混乱している状況を踏まえ、強い危機感を示したものとみられる。また小沢氏は「(辞任は)ありません」と述べ、幹事長を辞任する考えのないことをあらためて強調した。【石田宗久】

【関連ニュース】
起訴相当議決:小沢氏に説明求める声拡大
前原国交相:小沢幹事長続投「参院選に影響」 辞任促す
連合:小沢氏との蜜月関係に変化 微妙な距離感
小沢幹事長:「辞めるべきだ」83.8% 共同通信調査
民主党:小沢幹事長が連合幹部と会談 参院選対策協議か

偽シャネル製品販売目的所持の会社社長ら逮捕 515万円売り上げ 警視庁(産経新聞)
首相動静(5月7日)(時事通信)
鳥取連続不審死、捜査終結=裁判員裁判で審理へ(時事通信)
介護者死亡の高次脳機能障害者ら、代わり「いる」は2割弱 NPO調査(産経新聞)
台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)

「派遣村」湯浅氏を再起用へ(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日、労使代表や有識者らで構成する「雇用戦略対話」で、非正規労働者や失業者に対し相談員が継続的に個別に相談にのる「パーソナルサポート」制度の創設を検討するよう指示した。緊急雇用対策本部の下に検討チームを立ち上げ、6月にまとめる政府の新成長戦略に基本的な考え方を盛り込む。チームのメンバーには、年末年始の「公設派遣村」に取り組んだ湯浅誠・元内閣府参与を再び参与として起用する方針だ。

<TOSHI>自己啓発セミナーの実情を知って 2時間にわたり訴える (毎日新聞)
秋田産リンゴ、青森産と表示 青森の業者販売(河北新報)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
検察会見、フリー記者も参加へ…最高検が通知(読売新聞)
<舛添氏>近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長を支持する市長派の市議4人が19日、市議会(定数16)に市長不信任決議案を提案した。

 議会での勢力を伸ばしたい市長派が仕掛けた動きだが、多数を占める反市長派(12人)が反対し、否決する変則的な事態となる見通しだ。

 市長は、議会解散で市長派を増やしたいとの意向を示している。不信任案が可決されれば、市長が議会を解散できるため、反市長派に「不信任案を出せ」と挑発していたが、応じないため、市長派が提案した。

 本会議は午前10時に開会。市長や執行部はこの日も議場に姿を見せなかったが、浜之上大成議長が開会を宣言。提案者の松元薫久市議は「(反市長派は)市民に市長リコール運動をあおり、市政混乱の責任を市長に押しつけようとしている。混乱を収めるため、主権者である市民の洗礼を受けるべきだ」と議会解散を求める考えを示した。

 不信任案の可決には、議員の3分の2以上が出席し、4分の3の賛成が必要。阿久根市議会では全員が採決に参加した場合、12人の賛成が必要で、不信任案の可決は極めて難しい。市長派は19日、市議会の自主解散決議案も提案する予定だが、これも反市長派の反対多数で否決される見込み。

インスタントラーメンの父「安藤百福氏」特別企画(産経新聞)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)
国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判(産経新聞)
3月の世界の平均気温、温暖化で?過去最高(読売新聞)

【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)

 ■「ツイッター」でつぶやける/「動画サイト」で“見る”番組

 メディアが多様化する中、ネットと連動してリスナーをひきつけようとするラジオの試みが注目を集めている。今月スタートしたTBSラジオの新番組「〜ニュース探究ラジオ〜Dig」(月〜金曜日、午後10時)は、生放送中にミニブログ「ツイッター」や動画サイトを駆使するなど、これまでにない番組作りが人気。民放13社が試験的に行っている番組のネット配信も好調だ。(猪谷千香)

 4月6日、東京・赤坂のTBSラジオ。午後10時にスタートしたニュース番組「Dig」のスタジオに、原口一博総務相が姿を現した。火曜日の司会を担当するのは、ジャーナリストの神保哲生さん。民主党政権や携帯電話のSIMロック解除について、ゲストである総務相に疑問をぶつけ、熱い議論が展開された。

 ここまでは、通常のニュース番組でもみられる光景だが、「Dig」では生放送中にツイッターで質問や意見を募集。「原口大臣にはラジオの復活の手助けをしてほしい」など、続々と寄せられるユーザーのコメントを読み上げていった。ツイッターを利用している原口総務相も、自ら携帯電話でチェックしながら、「ラジオとツイッターは親和性が高い」と話した。

 ツイッターだけではない。神保さんはこの日、スタジオにカメラを設置し、動画サイト「ユーストリーム」と「ニコニコ動画」で映像も同時配信。「カリフォルニア、サンノゼから見ています」「ラジオ放送を見られるなんて面白い」「これはラジオ革命だ」など、ネットユーザーからも好評だった。

 「今あるものを使って、良い番組を作りたい」と話す鳥山穣プロデューサー。「若い人たちは家にラジオがない人も多い。少しでも触れてもらえるチャンスになれば」と、ネットをきっかけとしたリスナーの拡大を目指している。

 ◆13社同時に聴ける

 リスナー離れが指摘されているラジオだが、こうしたネットでの試みは広がっている。3月15日に始まった「radiko.jp(ラジコ)」のサイトでは、東京と大阪の民放13社の番組を同時放送で聴くことが可能。アクセスできるエリアは関東では4都県、関西では4府県で、開始から1週間の総ストリーム数は523万、総ページビューは4710万にのぼった。

 「予想以上のアクセス数」と話すのは、ラジコを運営するIPサイマルラジオ協議会の宮沢由毅事務局長。都市部では、高層建築などが原因でラジオの聴取環境が悪化、安定的に番組をリスナーに届けるための試みだ。

 また、「ラジオのコンテンツ力には自信があるが、ラジオを新たに買っていただくのは難しい。パソコンなどで受信できれば、ラジオ業界の底上げにつながる」との狙いも。一般的にラジオは午前10時にリスナーが増えるが、ラジコは午後10時台にアクセスが増加する傾向にあり、「ネットユーザーがメーンのリスナーになっている」と宮沢事務局長は分析する。

 ラジコは8月31日までの期間限定。今後、番組で使用されるコンテンツの権利者とルール作りを行った上で実用化を目指すという。

                   ◇

 ≪Q:ラジオ聴かない理由≫

 ■半数が「興味がない」

 リスナーのラジオ離れの理由は−。ラジオを聴かないと答えた人(62・3%)のうち、「興味がない」が52・7%で最多。次いで「機器を持っていない」が28・5%、「テレビやネットの方が面白い」が25・7%だった。

 また、ラジオ放送がネットで聴ける「ラジコ」を使ったことがあると答えた人(6・5%)に、ラジオを聴く機会が増えると思うかと質問したところ、「非常に増える」が43・6%、「やや増える」が32・1%で、期待感が大きかった。

<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
重要文化財指定(時事通信)
ベストセラー著者が否認=顧客の脱税で初公判−さいたま地裁(時事通信)

開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警(産経新聞)

 ホテルで女子高校生にみだらな行為をしてビデオ撮影したなどとして、島根県警松江署は12日、児童売春・ポルノ禁止法違反などの容疑で、松江市古志原、私立開星高校元教諭、河合宣和容疑者(33)=懲戒解雇=を再逮捕した。容疑を認めているという。

 同署によると、河合容疑者は昨年2月10日、携帯電話のサイトで知り合った女子高校生=当時(16)=が18歳未満と知りながら、ホテルに誘ってみだらな行為をしてビデオを撮影、児童ポルノのDVDを製造したとしている。

 河合容疑者は3月22日、勤務する同高校の女子トイレに小型カメラを設置するため侵入したとして同署に逮捕され、12日に建造物侵入罪などで起訴された。

【関連記事】
31歳の巡査部長が児童買春 福岡県警
出会い系で知り合った女子中生にわいせつ行為 容疑の男を逮捕 奈良
「欲望抑えきれず」中1男子にわいせつ行為 容疑で男性教諭ら逮捕
生徒買春容疑で塾講師逮捕 熊本県警
女児数十人にわいせつ行為? 福岡、英会話学校経営者
外国人地方参政権問題に一石

JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
郵便局強盗で8日に再逮捕=DNA型一致、都内の男−京都府警(時事通信)
<野口聡一飛行士>宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報起業
現金化口コミ
主婦 融資
無料 ホームページ
レンタルサーバー 比較
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    粒あん (04/20)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    たくや (03/25)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    志波康之 (01/17)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    ソルバルウ (01/03)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    サキューン (12/29)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    まろまゆ (12/20)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    ゴンボ (12/16)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    ちょーたん (12/10)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    ヘッド (12/07)
  • 陸自第二師団が創立60周年事業=北海道旭川市〔地域〕(時事通信)
    ちんたまん (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM